FC2ブログ
道のりは長いけれども
先日久しぶりに、HW(ハウジングワークス)によった際、アートセラピーのグループによく参加していた、黒人の彼を見かける。彼は、JTPという社会復帰をする為の仕事を学ぶプログラムに合格し、しばらく施設には、来なかったのだが、彼によると、今 ”休学中”だという。 何故休学中とは、説明しない彼ではあったが、多分、授業についてゆけなかったのだろうと思う。たとえ、JTPに合格しても、最後まで、ついてゆける人たちは、なかなか多くはないし、社会復帰への道のりは、まだまだ遠いなと思う。その反面、HWのような、福祉施設に入って、精神面の安定がみられる人達もいる。例えば、プエルトリコ系の彼。施設に来た当初、1年以上も前は、いわゆる、クラブドラックを頻繁に常用し、薬物の副作用で、とても落ち着きのない行動をよく繰り返していたのだか、福祉施設=SUPPORTIVEなCOMMUNITY、自分のことを理解してくれると感じるようになってきたのか、薬物をあまり使用しなくなってきた。いわゆる一般社会の一部に100%になるには、難しいかもしれないけれど、人は、誰でも、なんらかの可能性を持っており、それを伸ばすことは、不可能じゃないと思う。アートセラピーをとうして色々な人たちに、人生という長い道のりを ENJOYできるアシストがでできたらいいなと思う。 
スポンサーサイト



【2008/07/04 22:21】 | アートセラピー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
FRAUの取材
先週の木曜日に、FRAUの取材をHWのアートセラピーのスタジオで受ける。アートセラピーを社会貢献の一部とみて、興味をもって頂くことは、とてもうれしいこと!自分の新しい門出に、取材を受けるということは、本当に、GREAT タイミング!NYC在住のジャーナリストの相馬さんの出会いに感謝!人生は、出会いが全て!9月号のFRAU に 登場するのでぜひ、読んでください!
【2008/07/01 06:22】 | アートセラピー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ブログHOME |